遺体管理学

           Human remains Lab


































































                               

                    伊藤 茂 

                  

                               Ito Shigeru.prof

     


                                                                         海外等の活動のため、最新の写真は表示できません                                                                                                                  写真は1999年の物です
                                                                                       「現在はかなり違う容姿です」






   日本、東京都世田谷区生まれ
    

    海外で死亡した邦人の元へ駆けつけ、遺体の回収、現地医療機関、警察、
   行政等と協議を行い遺体で連れ帰る、または火葬を実施して収骨を行い
   公的手続きお行った上で機内に持ち込み、日本へ連れ帰る等を担当。
   多くの場合は司法解剖または行政解剖を伴うために、司法立会人として
   解剖に立ち会う。(海外での解剖では立会人制度があるため)

    家族が死亡しても現地に出向けない場合が多く、知人や友人、会社関係者等が
   存在しない場合は、依頼をされる。
   紛争地の依頼も受けるが、割増料金となる。
   依頼から24時間以内、遅くとも36時間以内に世界各地へ
   駆けつけることを基本とする。
   
   海外には複雑な規則があり、ドイツで日本人が死亡すると2人以上のドイツ人医師が
   死亡と死因を確認し、担当裁判所指定のドイツ在住日本人医師が書類を確認して
   サインをしなければならない(医療機関以外の死亡)等の問題が発生する。

   東京都監察医務院では解剖運営、遺体の管理・取扱いに関する
    解剖室運営委員会委員及び、解剖室運営小委員会委員、
   公衆衛生部門である遺体からの感染管理や環境管理、感染性廃棄物や消毒に関する
    安全衛生委員会委員及び、安全衛生小委員会委員を担当。

   経歴等は著書で確認して下さい。(Amazonや楽天のページで確認出来ます)

       国内では関東在住、海外では主にDLC在住。
       妻はNYC在住。

                       前科・前歴無し
                                                                                                                           




                                                                                              

HOMEへ                                                                                         ページTOPへ